FC2ブログ

高齢者よどこへ

高齢者についての話題がテレビや新聞、雑誌などでも多く取り上げられています。

でも、その大半は高齢者にとってはあまり好ましい情報ではないような気がします。
例をあげると、
①年金額が年々減額されていく 
 だって少子化だし、団塊の世代が一斉に高齢者の仲間入りをして年金財政が圧迫されつつあるのだから仕方がない?

②医療費の増大は高齢者の増加のせい
 国民健康保険料も上昇傾向で、この財政も危機的状況にあるとか。
 しかしその背景には、医療側も検査づけにしたり、投薬量も半端なく多いのが現実。
すると、必要のない検査を受けさせられ、薬の飲み残しも増えてしまっている。
高齢者を標的にして、本質が隠れてしまってはいないだろうか。

③高齢者の交通事故が多くなっている 
それはその通り。 アクセルとブレーキを間違えコンビニに突っ込んだり、高速道路を逆走するなどして世の中をにぎわしている。 だから「運転免許証の返納を!」と声高に叫ぶのが正義といわんばかり。

でもさぁ、過疎地に住む高齢者にとって車は命綱なんだよなぁ。そういう人たちへの思いは至らないのだろうか。
その前に、自動車の構造的な問題や交通体系の施策の問題点をなぜ考えてほしいものである。

④ ***** つづく ******

 
                             

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

リンク
ようこそ
プロフィール
「いちゃりば」とは、「出会い」という沖縄の方言からとりました。このお店が人と人とを結び、出会いや交流の場として地域に愛されるお店を目指して、コーヒー・紅茶・軽食などをご用意して、皆様のお越しをお待ちしています。散歩のついでに、人恋しいときに、熱く語りたいときに、、、ぜひご来店ください!
いちゃりば画像集
最新記事
月別アーカイブ
フリーエリア